JASK 

Japan/America Society of Kentucky

1987-2018


Log in


Japan/America Society of Kentucky
464 Chenault Rd.
Frankfort, KY 40601
(502) 209-9630
programs@jask.org

Payment Processing


Kentucky: My Second Hometown 第二の故郷、ケンタッキー

26 Feb 2010 1:06 PM | Deleted user
Kenny Nashimoto
Hitachi Automotive Products

past_1997.jpgHave you noticed that hometowns tend to have a unique scent, reminding us that we are "home again"?  Almost two years ago I arrived at the Bluegrass Airport in Lexington for my second chance to work in Kentucky.  I seemed to recall the flavor of Kentucky, which I had missed for nearly ten years.  I felt I had "returned" to Kentucky, rather than "come" to Kentucky.  

My first visit to Kentucky was in July of 1989, just before I was married.  I became a big fan of Kentucky during this four-month stay because it was just the right season for playing outside.  However, in some ways I was shocked by the difference between Americans and Japanese.  In particular, the American lifestyle devotes significant time to family, whereas I was used to devoting most of my time to my work.  Also, there was always daylight in Kentucky long after work!

I visited Kentucky for a short time again in 1990-91 for projects in my field.  Then, in February of 1993, I was finally assigned to work as an expatriate in Kentucky.  My family felt worried when they arrived in Kentucky three months after me, especially because we had a one-year-old child.  Fortunately, volunteer English teachers and Japanese  colleagues' wives helped us very much to establish our American life.  I felt again, as in my previous visits, that Kentuckians' hospitality is very special.  This special hospitality made our family comfortable and safe during these days in the United States. 

While living in Kentucky in 1995, our second child arrived.  We remember always feeling kindness from everyone in Kentucky, especially my wife as the time came to deliver.  She always remembers the baby shower thrown for her.  In Japan, mothers stay in the hospital with their new babies for ten days or more.  We knew it was a shorter time in America but reality was a surprise when they sent us home after just two days!  I took a week off work to help give the baby baths, take care of our older son, clean around the house, etc...  All this may be natural in this country but was not common in Japan in those days.  That was good experience for me at that time.  For my wife, the opportunity to spend time in the United States gave her a boost of confidence in her life. 

The time flew by and we were assigned back to Japan in February of 1998.  Our first son had grown from one year old to five years.  Our second son was already two years old!  We were filled with great memories and Kentucky had become a second hometown to our family. 

recent_2008.jpgOn my current assignment, I have already been in Kentucky two years.  Because of my children's school, I am away from my family this time around.  But I am living comfortably, getting lots of help from Kentuckians, and enjoying your hospitality, your lifestyle, and your long daylight again. 

It is difficult to be apart from my family but they have visited here twice during holidays.  They met old friends and shared memories.  It makes me happy to see that we are all still connected to each other.  I do not know how long my current stay in Kentucky will last but I hope to keep making friends and memories in my Kentucky home.


第二の故郷 ケンタッキー

故郷というのは不思議なもので、その土地特有の香りがあります。

約2年前の2008年4月2日、二度目の米国赴任のためにレキシントン空港に降り立ちました。

10年ぶりに懐かしい香りを感じると共に、赴任というよりも「帰ってきた」という思いが強かった記憶があります。

私が初めてケンタッキーに来たのは、1989年7月。出張で4ヶ月ほど滞在したのですが、1年中で一番良い季節であったこともあり、この初めての滞在でケンタッキーの大ファンになりました。

退勤後の太陽の高さ、家族との時間を大切にするケンタッキー人のライフスタイルなどは、家庭を顧みずに仕事ばかりしていた私には十分なショックを与えてくれました。

その後、1990年、91年と続けて短期で出張する機会もあり、そのような業務のつながりもあってか1993年の2月にこちらで仕事することになりました。家族は3ヶ月ほど遅れてからこちらに来たのですが、上の子が1歳になったばかりということもあり、最初はだいぶ不安だったようです。

しかし米国人ボランティアの英語の先生方や、日本人の同僚の奥さまたちの助けもあり、何とか米国生活を軌道に乗せることができました。

私自身も出張中に感じていたのですが、ケンタッキー人のホスピタリティは特別なもので、これがあってこそ家族がこちらで安心して生活できたのではと考えております。

1995年にはこちらで下の子が生まれました。ケンタッキー人は臨月の身重な妻にいろいろな場面で気を使ってくれて有り難かったし、生まれる直前にベビーシャワーをやってくれたりして、周囲のサポートをいつも感じることができました。

子供が生まれると日本では、母子共に1週間から10日くらい病院に入院するのが当たり前なのですが、生後2日後に退院させられてしまうのには驚きました。

そういう話を聞いてはいたので、一週間会社を休んで上の子の面倒をみたり、妻がゆっくり休めるように家事をこなしたり、子供をお風呂に入れたりと、こちらでは当たり前なのかも知れませんが、日本ではなかなかできないことを経験できました。妻もアメリカで子供を生んだことがかなりの自信になったようです。

過ぎた日は早いもので、1998年2月に帰国しました。1歳だった上の子は幼稚園に通う5歳に、こちらで生まれた下の子は2歳になっていました。

私たちの家族にとっても5年住んだケンタッキーは第二の故郷であり、懐かしい思い出でいっぱいです。

こちらに2度目の赴任になってから2年になりました。今回は子供の学校の都合で単身でこちらで生活していますが相変わらず、「退勤後の太陽の高さ」「家庭第一」「ホスピタリティ」を感じながら毎日を助けられながら送っております。これはケンタッキー人にとっては常識でも、我々にとっては一種のカルチャーギャップなのかも知れません。

今回は単身生活とは言いながらも家族も長期連休を利用して年に1度こちらに遊びにきており、昔の友達と会っては懐かしそうにしています。

今後何年こちらに滞在するかは定かではないのですが、より多くのケンタッキー人と仲良くなって多くの思い出をつくって行きたいと思います。





Powered by Wild Apricot Membership Software